ニキビケアNavi

顔白にきびは、化粧やストレス、ホルモンバランスの崩れなど様々なことが原因で出来てしまいます。できてしまったにきびは、しっかりと治療をすることが大切です。最も効果的な顔白にきび治療方法を紹介します。

顔白にきびは、女性では、ファンデーションなどが毛穴に残っていることが原因のときが多いようです。一日の終わりにはしっかり化粧を落としているつもりでも、やはり残っているからこそ、毛穴が覆われてしまってにきびができてしまいます。

お化粧をしたら、必ず、どんなに疲れていてもしっかりと早めに洗顔することが大切です。落ちにくいリキッド系のファンデーションなどは特にそうです。
クレンジングは、オイル系のクレンジングよりは、クリーム系のクレンジングの方が肌にはやさしく、毛穴までしっかり開かせて洗うためには蒸しタオルなどを使用した方が、にきびの肌にはより優しいでしょう。

顔白にきびで、口の周りやアゴの部分だけに、にきびができるという人がいますが、そのほとんどはストレスが原因です。職場や学校、あるいは人間関係で、過度のストレスを受けることで、人にはさまざまな症状が現れます。

ホルモンのバランスを崩してしまう人もいますし、胃腸や肝臓などを悪くする人もいます。こうした内臓疾患により、口周りやアゴに白にきびができてしまいます。

あるいは、自律神経失調症となり、「うつ」などの症状まで出てくる人もいます。そして更には、顔白にきびがその上にストレスを感じさすという悪循環に陥ってしまいます。

こうしたときに、最も効果的な顔白にきび治療方法として、ピーリングがあります。ピーリングは、白にきびのほかに、にきび痕の治療や、美白、シミやシワの改善などアンチエイジングを目的とした最新のスキンケア療法で、若い女性の間で評判となっています。

ピーリングは、皮膚科や美容外科などの医療機関のほか、美容サロンやエステで受けることができます。医療機関では、必ず医師がピーリングを担当し、個々にあったピーリング剤を使用しますが、稀に、ヒリヒリしたり、赤みが出たり、肌が荒れる、などの副作用が出る場合があります。

医師免許を持たない美容サロンやエステでは、弱いピーリングが行われていますが、ピーリングを受ける際は、医師とよく相談の上で施術してもらった方が良いでしょう。

最近では、ピーリング剤も非常の副作用の少ない、安全でかつ効果の高いピーリング剤を使用する美容皮膚科がありますので、事前によく調べた上で、最新の技術と設備の整った医療機関を選ぶことも大切になります。

ピーリングのあとに続いてイオン導入まで行なうと、顔白にきびにはより効果的ということが言えましょう。

 

 

 

 

Copyright (C) ニキビケアNavi All Rights Reserved.