ニキビケアNavi

フェイスラインにきびは20代以降に多い傾向があります。その原因はストレスによるものが多いということがデータとして挙がっています。頑固なフェイスラインにきびで悩む人への対策を紹介しています。

フェイスラインにきびは20代以降に多い傾向があります。10代の思春期は皮脂分泌が多く、おでこや鼻などTゾーンににきびは多いのですが、大人になると、フェイスラインやあご、あるいは首筋にかけてできるようになります。

フェイスラインにきびが就職した途端にできてきてしまったという人が多いことからみても、それはストレスによるものが多いということがデータとして挙がっています。
フェイスラインにきびは、ストレスが原因であることから、なかなか治りにくいということが言えます。そして、ニキビ跡が残りやすいです。

男性では、フェイスラインにきび痕が目立つ人がいますが、それは、ヒゲの生える毛穴の位置と同じであり、髭剃りなどで傷つけたところから細菌が入る場合も多いということが言えます。

痕を残さないためには、やはり、ほったらかしにするのではなく早めのちゃんとした治療が必要でしょう。そして、それ以前に、にきびを予防するためには、過剰な皮脂の分泌を抑制する必要があります。

そのためには、洗顔はもちろんですが、食生活や生活環境を変えることも大切です。労働環境により、ストレスを感じているのであれば、まずはその労働環境を変える必要があります。

しかし、労働環境は簡単に変えられるものではなく、最悪転職ということも視野にいれなければならない場合もあるでしょうが、できるなら、仕事以外のところでストレスを発散できる場所があり、ストレスを解消できることがベターでしょう。

フェイスラインにきびは女性の場合、ホルモンバランスの乱れによる皮脂の過剰な分泌が原因であるときがあります。特に生理前は、女性ホルモン(エストロゲン・プロゲステロン)のバランスが変化しやすくなり、男性ホルモン(アンドロゲン)の分泌が活発になります。

そのため、皮脂腺を刺激して皮脂の分泌が多くなりフェイスラインや頚部ににきびが出やすくなります。ホルモンバランスの乱れからにきびができる場合、ピルを使用することで、ホルモンバランスを正常化させてにきびを改善することが期待でき、アンドロゲンの作用が極めて少なピル(マーロベン)を使用する美容皮膚科もあります。

マーロベンは、低容量ピルであり、2種類のホルモン剤で構成されているもので、これを毎日21日間1錠ずつ飲み続け、7日間ピルを飲むのを休む形でホルモン治療がなされます。

頑固なフェイスラインにきびで悩む人は、やはり専門医に診てもらう必要があると言えましょう。

 

フェイスラインにできるニキビは、ストレスなどによるホルモンバランスの乱れなども原因 となるような厄介なニキビです。 だからとにかく治りにくくて、次々とできてしまうことに 諦めかけてしまうこともあります。 でも、大事なフェイスラインを守るためにどうしても ニキビ...
フェイスラインニキビを本気で治したいと思ったらここ!

 

 

 

Copyright (C) ニキビケアNavi All Rights Reserved.