ニキビケアNavi

にきびの赤みは、にきびに炎症が起こっている状態です。28日周期のターンオーバーを2回ほど繰り返すうちに徐々に薄くなっていくのが通常ですが、いくら時間をかけても赤みが消えない場合があります。

にきび赤みは、にきびに炎症が起こっている状態です。炎症を起こすとにきびの周辺がうっ血するために、赤みが生じてしまいます。肌細胞の生まれ変わり(ターンオーバー)は、健康な肌であれば28日周期で肌の新陳代謝が繰り返されていますが、にきび赤みが消えていくのには、2ターンほどを要し、ターンオーバーを2回ほど繰り返すうちに徐々に薄くなっていくのが通常です。

けれども、いくら時間をかけても赤みが消えない場合、二つの要因が考えられます。一つは、肌の奥深いところにまで色素が沈着していることで、もう一つはターンオーバー機能がうまくいっていないということです。
本来ならば、炎症を起こした時点で、ちゃんと皮膚科に行っておけばこうした事態は起きませんが、なかなかにきびだけで皮膚科に行くということをしない人は多く、大方の人がこじらせてしまってにきび赤みを抱えた状態で診てもらう人が多いようです。

ターンオーバーのリズムには、食事や睡眠などが大きく影響して、ターンオーバーのリズムが崩れると皮膚のコンディションは悪くなってしまいます。

10代であれば、にきび赤みは、自分でにきびを潰したり触りすぎたりしない限り、活発なターンオーバーによって自然と消えていくことが多いです。

しかし、大人になってからは、そうは行きません。
年齢を経るごとに、ターンオーバー機能はどんどん衰えていくこともあり、にきび赤みが長く残ってしまうことが多くなります。 赤みをなくすためには、沈着したメラニン色素を取り除くことと、肌のターンオーバー機能の向上を促すことが必要になってきます。

皮膚科に行くと、これらのために、ケミカルピーリングやイオン導入、レーザー治療、といった専門的な治療が施されます。 にきび赤みを予防するには、決して潰してしまわないことです。

つぶしてしまっては、赤みが沈着してしまう原因になるからです。優しく洗顔することを心がけ、すすぎ残しがないように気をつけ、シャンプーやソープのすすぎ残しもないように注意します。

そして、バランス良い食事とストレスのない生活が基本になります。できてしまったにきび赤みをとりあえずカバーするためには、オイルフリーやアクネ用のコンシーラーが人気があり、UVカットの肌にやさしいものが今は出回っています。

また、にきび赤みはビタミンC誘導体が含まれている化粧水や美容液などを使うことでも比較的改善されます。美肌効果のあるビタミンCは直接肌に塗っても吸収されにくいのですが、ビタミンC誘導体は、ビタミンCよりも角質層への透過がよく、より長時間皮膚の内側に留まるように改良された美白成分です。

 

v class="w">にきび痕 @船橋ゆーかりクリニック: 西船,津田沼,習志野,八千代,鎌ヶ谷,本八幡 ...i-my.jp/cosmederma/acne_scar.html - キャッシュ赤みや凹みのニキビ痕に皮膚潰瘍治療外用薬アクトシン軟膏が有効. 20歳前後では, 夜1回塗布だけで実感. 30代以降はフラクショナルレーザー+フィブラスト+アクトシンの併用が効果的. ニキビ痕の切除縫合にも対応. お気軽にご相談ください. TEL 0120-12-4103.
にきび痕 @船橋ゆーかりクリニック: 西船,津田沼,習志野,八千代,鎌ヶ谷,本八幡 ...
v class="hd">ニキビ・ニキビ跡 - 美容皮膚科エルムクリニックwww.elm-clinic.jp/treatment/acne.html - キャッシュニキビ跡の赤みは、ニキビの炎症がお肌の内部に残っているために生じます。炎症は時間とともに沈静化するため、赤みも時間とともに消えてなくなります。 赤みが消えるスピードは体質や肌質によって異なり、早い場合は数週間で消えてしまいますが、遅い場合...
ニキビ・ニキビ跡 - 美容皮膚科エルムクリニック

 

 

 

Copyright (C) ニキビケアNavi All Rights Reserved.